STEP 02

業務を整理整頓する

発生頻度や処理時間、重複している業務など、棚卸表を見て気付くことがあるでしょう。
その気付きによって日々の業務を整理します。
棚卸と整理整頓は、現状把握のための大切な作業なのです。

自動化

AUTO

業務の

単純化

SIMPLE

業務の

廃止

ABOLISH

業務の

top_illust.png

SERVICE

STEP 01

業務の棚卸をする

フォーマットを作り、その中に業務内容を落とし込んでいきます。

実はかなり大変な作業ですが、すべての業務を洗い出すことが重要です。

システム × 業務改善コンサルティング

「できる」を
「もっとできる!」に

業務を整理整頓して、人も情報も設備も適材適所。
この整理整頓が、皆さんと私たちの最初の作業です。

ところが実は、最も重要な工程とも言えるのです。

改善施策を立てる

業務の流れを

可能な限りシンプル&スムーズに。

当然、企業によって施策の内容は異なります。
改善策の立て方こそ業務改善の根幹。FEEMAILには、そのノウハウがあります。

改善施策を実行する

とにかく実行してみる、

ということ。

プランの策定後は、とにかく実行してみることが大切です。小さくてもシンプルでもOK。

歩きながら考える、それが私たちの進め方です。

改善施策を評価する

次の改善へとつなげるための

​大事なステップ。

施策を評価します。正しければ、また次の目標に向かう。軌道修正が必要ならそうする。

​改善のサイクルを続けることが大切です。

日々変化していくのが仕事。

だから会社も、変わっていきましょう。

会社と社員のエンゲージメント

強い組織とは、言い換えれば「社員に愛される組織」です。

社員が生き生きと働けば、時間に余裕が生まれます。

それは意欲に繋がり、業務・成果は洗練され、過失や離職を含めた多くのリスクは低減します。

もしも企業のさらなる成長を望むなら、リーダーが注視すべきは労働時間と成果物、コストよりもまず「社員の心情・モチベーション」です。