自分のsugaoページをInstagramやTwitterのようにサイトに埋め込む



埋め込み表示とは? InstagramとTwitterの例


InstagramやTwitterは、Webページ内に投稿フィードを埋め込んで表示することができます。 埋め込み表示をすると、InstagramやTwitterが更新されればリアルタイムで反映され、WebページからInstagramやTwitterに直接遷移することができます。

自分のWebページでInstagramやTwitterの投稿を掲載したい時に便利です。

 



 

sugaoも埋め込み表示ができる!


sugao for Businessのアカウントを作成し、自分のsugaoページをWebページに埋め込めば、自分のsugaoをWebページからいろんな人に見てもらうことができます。

この記事では、自分のsugaoページをサイトに埋め込む方法をご紹介します。



 

目次

  1. sugaoページの埋め込み表示は縦スクロール表示と横スクロール表示を選べる

  2. HTMLを使ってサイトにsugaoページを埋め込む方法

  3. Wixにsugaoページを埋め込む方法

 

sugaoページの埋め込み表示は縦スクロール表示と横スクロール表示を選べる


sugaoをWebページに埋め込むには、sugaoにログインし、メニュー>プロフィール編集(https://sugao.me/u/edit)の以下の箇所にある、埋め込みURLを使います。





「横スクロール表示の埋め込みURL」を開くと、このように自分のsugaoが横スクロールで表示されます。



「縦スクロール表示の埋め込みURL」を開くと、このように自分のsugaoが縦スクロールで表示されます。



埋め込みたいWebページで、sugaoを横スクロールで表示させるには「横スクロール表示の埋め込みURL」を使います。

縦スクロールで表示するには「縦スクロール表示の埋め込みURL」を使います。



 


HTMLのiframeタグを使ってWebページにsugaoを埋め込む方法



iframeタグのsrc属性に、sugaoからコピーした「横スクロール表示の埋め込みURL」または「縦スクロール表示の埋め込みURL」を指定します。

width、heightはお好みの横幅、縦幅を指定してください。


HTML記述例:

<iframe title="My sugao page" src="sugaoの埋め込みURL" width="600" height="800" ></iframe>



 

Wixにsugaoを埋め込む方法

エディタの左側より(+) > 埋め込み > サイトの埋め込みを選択します。



サイトの埋め込みパーツが表示されるので、URLを入力 > HTML設定を開きます。

URLを入力 のフォームに、sugaoからコピーした「横スクロール表示の埋め込みURL」または「縦スクロール表示の埋め込みURL」を入力し、適用ボタンを押します。




参考:Wix エディタ:サイトまたはウィジェットを埋め込む(Wix公式サイト)https://support.wix.com/ja/article/wix-%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF%EF%BC%9A%E5%A4%96%E9%83%A8%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%92%E5%9F%8B%E3%82%81%E8%BE%BC%E3%82%80